格安航空券を使って最南端のソメイヨシノを見に行こう

- 格安航空券を使って最南端のソメイヨシノを見に行こう

格安航空券を使って最南端のソメイヨシノを見に行こう

日本人はなぜか桜が好きです。そこで旅行と花見を組み合わせたツアーを考えましょう。もちろん桜にも様々な種類はありますが、やはりソメイヨシノです。ソメイヨシノの国内における最南端を目指し、格安航空券を使って旅をしましょう。

日本最南端は鹿児島県の奄美大島

地理的な日本の最南端は沖縄ですが、ソメイヨシノに関しては気候的条件から鹿児島県の奄美大島が最南端になります。例年だと3月中旬頃に咲き始めます。ただし自然が相手ですので正確な開花日はわかりません。とはいえそうした番狂わせも、旅の醍醐味です。

羽田空港から奄美大島までの直行便はJALのみです。羽田発12時00分、奄美大島14時35分着、帰りは奄美大島15時15分発、羽田16時40分着です。日帰りができないこともないですが、よほどの飛行機マニア以外は現地で一泊しましょう。夜桜も一興です。

同路線の正規普通運賃は52,090円ですが、2カ月先の最安値を探すと、先得割引が18,590円、スーパー先得なら16,590円になります。早めの予約がおすすめです。

四国最南端は日本一早く咲く高知県

四国もソメイヨシノは咲いています。その最南端は高知県です。高知の桜は四国で最も早く咲き、鹿児島よりも早い場合が少なくありません。そういう意味では日本一のソメイヨシノでもあります。

高知県の玄関口は、高知龍馬空港です。羽田空港からの直行便はJALとANAが選べます。始発便はJAL羽田7時25分発、高知8時55分着です。30分遅れた8時05分にANAが飛びます。高知着は9時35分です。帰りはANAが高知18時10分発、羽田19時25分着、JALは高知19時00分発、羽田20時15分着です。十分に日帰りできます。

同路線の正規普通運賃は35,490円です。JALの先得割引なら12,590円です。ANAは旅割で13,590円が最安値になります。

本州最南端はパンダのいる和歌山県

本州最南端は和歌山県です。近畿地方で一番早く咲くので季節を先取りできます。とはいえ和歌山に来たら、空港からバスで5分の距離にあるアドベンチャーワールドにも寄ってパンダを見ていきましょう。上野動物園よりじっくり見られます。

和歌山県へ飛行機で行くなら関空という手段もありますが、パンダも見たいなら南紀白浜空港がベストです。JALが飛んでいます。始発は羽田7時25分発、南紀白浜8時40分着です。帰りは南紀白浜18時35分発、羽田19時40分着です。十分に日帰りが可能です。

同路線の正規普通運賃は32,790円ですが、2カ月先の先得割引なら17,590円です。先得割引3でも19,290円なので、最後まで開花予測を待ってからでも激安な航空チケットを購入できるかもしれません。

日本一の桜を見に行こう

格安航空券を使えば、国内の桜を見に行くことができます。いろんな意味で日本一のソメイヨシノを見に行くプランを企ててみましょう。今年間に合わなくても、来年があります。サクラは必ず咲きます。

ページ上に戻る